確認がとれていない人も合わせて大人になってから発見される発達障害が増えています。私もその一人です。小さい頃から生きづらさを感じて、まわりからは理解されずに辛いです。なんとか就職もしてきました。慣れるところまでたどりつくと、仕事もできますが加減はわかりません。やりすぎてしまい倒れてしまいました。転職をしようとしてもなかなか次の仕事も怖くて中に入れません。一から覚えるということがとても精神的苦痛に感じるしからです。これを怠けていると言われると思うと悩み続けて前に進めません。そうした精神的辛い人の為の採用支援があったほうが助かります。実際採用をもらっても中で偏見を受けるのではないかとも考えてしまいます。ハローワークや事業所に発達障害や精神的障害の認定をうけている人の為の採用支援があれば前向きになれる人も増えると考えます。採用後の支援もしばらくあるような環境作りができればと感じます。

採用支援を導入すること

少ない求人に多くの学生が殺到する可能性があります。特に人気のある企業では多くの人材の中から優秀な人材、即戦力になりそうな人材を見つけることは大変です。ある一定の条件を満たしている人材を見つけ出すことを採用支援を行っている専門業者に任せて見つけてもらうのもよいかもしれません。そうすることによって採用にかかる時間を短縮させることができます。最終面接までに何度も面接を行ったり試験を行わなければいけないということがあるので、そうなるとそれだけに追われてしまうことがあります。より自社に合う人材を見つけることが出来なくなってしまうかもしれないので、採用支援を行っている専門業者の力を借りてみるのもよいでしょう。そうすることによってスムーズな採用を行うことができます。コストもそんなに掛からないようになっています。

採用支援に必要な事は

転職市場が昔に比べ大きくなってきている昨今ですが、それに力を入れている採用支援の会社も多くなってきています。まずは、派遣から正社員登用してもらうために促す方法です。長年やっている人に対し正社員としの働き方を選んでもらう方法です。そうした場合、契約期間などがないため、その企業にずっと入れることができ、企業の活性化に一役買う事も出来ます。そうした、間接的に採用支援を行うための、人材コンサルティング会社などもあります。また、後で報酬を払い中途採用者を見つけると言った、やり方もあります。これは、求人誌に出したが反響が少ない、なかなか欲しい人材が来ないと言った事が原因の時に使うと、確実に良い人材を見極める事が出来ます。この様に採用支援には、様々あり何が一番良い選択なのかを確かめ選んでいくといいのではないでしょうか。