Press "Enter" to skip to content

マーケティングリサーチの上手な活用法

いろいろな業種でマーケティングリサーチは活用されています。具体的な内容は様々です。直接自分たちの仕事に影響するかどうかで判断するのではなく、自社の業界の流れとしてとらえることが重要です。つまり、マーケティングリサーチの結果はいろいろな角度から見ることができますし、いろいろな視点で見なければならないのです。その中から自分たちがやるべきことを見つけ出さなければなりません。これまで自分たちができることだけをやってきたのではないでしょうか。しかし、これからはそれだけでは企業は行き詰まってしまいます。四条が求めるものを敏感にとらえる力がいるのです。年齢や経験ではなく歓声が重要となります。若い力を活用する場面も少なくなりません。企業の経営者の手腕が問われています。

マーケティングリサーチの目的とは

専門の業者に依頼して市場動向を調べてもらったとしてもその数字の意味を明確に理解しておかなければなりません。自社が依頼したことであっても、本質的な部分で理解していないケースも少なくありません。数字を見るだけで自分たちの都合よく解釈してしまうからです。しかし、提示された結果は市場から出てきた数字であり、その意味を考えることが大切です。もちろん、答えがすぐに見つかるわけではありませんから、社内でたくさん検討をしなければなりません。どのような手順を取るかは企業内で決めるべきことです。これまでの路線を推し進めるのか、軌道修正をするのかは難しい判断です。調査結果だけですぐに答えが出せるなら、どこの企業も傾くことはありません。現実はそれほど楽観できないと知ることが目的とも言えます。

マーケティングの結果を理解する

マーケティングリサーチは消費者が何を求めているのか、市場がどの方向に向かっているのかを知るための指標となります。ただ、それを見極めるだけの資質をもっていなければただの数字でしかないでしょう。もちろん、依頼した調査会社からの報告は受け取るでしょうが、それを見て自分たちが何をすべきかを考えることが重要となります。これまでのやり方でいいのか、それとも何かを変えなければならないのかを判断するのです。経営者レベルでの判断もあるでしょうし、直接お客と接している職場の判断も必要です。それぞれの立場で結果を理解する必要があるのです。しかし、現実には自分たちには関係ないと考える社員が少なくありません。全社一丸となって問題を解決する姿勢が求められているのです。

自動車、環境、IT、農林水産業界などの実績があります。 北海道から沖縄まで全国を対象として調査を行っております。 マーケティングリサーチに関する相談・お問合せをご希望される方はお気軽にご連絡くださいませ。 各種の産業分野で広い知見と高い専門性を有しています。 お見積り・資料請求ならお気軽にご連絡くださいませ。 本物のマーケティングリサーチでお答えします。