Press "Enter" to skip to content

マーケティングリサーチのメリット

企業は新商品や新サービスを開発する際に、市場調査を行うことが多いでしょう。今の世の中のニーズにあったものを世に出すことでヒット商品になり、企業の利益となります。その市場調査をマーケティングリサーチとも言います。マーケティングリサーチは、自社で行う方法とそのようなマーケット調査を専門に行っている企業へ依頼する方法があります。自社で行うことができるものは、コストを抑えることができますが、専門知識やノウハウがないため精度の高いデータを収集するのは難しいでしょう。一方専門に行っている企業へ依頼すると、日本全国が調査対象になります。そのため、幅広く正確なデータを取ることができます。また、さまざまな角度からデータを集めますので、開発中に修正をすることもできます。

市場調査を自社で行う場合と依頼する場合の一般的な方法

マーケティングリサーチの方法はさまざまあります。自社でできるのはサンプリングでしょう。サンプリングは試供品や試食品を配布して意見を求める方法です。しかし、調査を行う人が街頭に立ち意見を求めるため、たくさんのデータを取るためには時間がかかってしまいます。また、特定の地域に偏ったデータとなる可能性もあります。また、商品にアンケートをつける方法もありますが、回収率が低くデータが取りにくいでしょう。一方体験型のサービスなどは、アンケートを回収しやすいので、客の素直な意見を聴取しやすいでしょう。一方専門業者へ依頼する場合は、インターネットや電話などを使うこともありますので、効率よく多くのデータを収集することができます。コスト面やデータの質を考慮して依頼するか自社で行うかを決めましょう。

市場の調査を行うことで売上げに影響がある

市場を調査すること得られるデータはさまざまですが、現在消費者が求めているものやメインで購入する客層でしょう。例えば、メーカーで新商品を開発する場合、普段の生活で消費者が好んで購入する種類を調べます。また、購入する客層の絞込みを行い、ターゲットを絞った戦略を練るということができるでしょう。もし、そのようなデータがなく開発をしている場合、実際の消費者にニーズには合わず売れ行きが悪くなる可能性もあります。また、ターゲット層の設定を間違えてしまうと、ターゲットとしている客層へのアピールができなくなるでしょう。結果認知度が上がらず商品が売れないという事態になりえます。マーケティングリサーチを行うには、手間や費用がかかりますが、最終的な売上げを伸ばすためには必要不可欠なものです。