Press "Enter" to skip to content

マーケティングリサーチを上手に生かす方法

マーケティングリサーチとは自社が開発しようとしている商品に関連した需要について調べることです。具体的には消費者が何を求めているか、どのような商品が人気なのかを調べるためにアンケートや別の会社に依頼して統計データをまとめてもらうことになります。開発投資をしても売れない商品であれば製品としての価値はありません。売れるものを効率よく作るための手順の一つです。もちろん、それですべてがわかるわけではないでしょうが、大きなヒントを手に入れられます。売れるものを作るヒントだけではなく、何が不足しているかのヒントになるのです。消費者は求めていても市場にない商品を開発することができれば、飛ぶように売れることも夢ではありません。会社の今後の方針を決めることになるのです。

マーケティングリサーチのデータ

市場から集められる情報はいろいろな種類があります。最近はインターネットを使ったアンケートも頻繁に行われています。もちろん、すべての人が正直にアンケートに答えているわけではないでしょうが、何らかの傾向は見えてきます。どのような商品やサービスが売れているかを知れば、会社が提供できるものが見えてくるでしょう。注意しなければならないのは自分たちの商品の範囲を大きく超えることは現実的ではありません。しかし、いろいろなデータがありますから、簡単に判断することはできません。データを絞り込んだり、全体の傾向を見たりしてください。自分たちにできることが見えてくるでしょう。最終の目的は売れる商品やサービスを提供することです。それがわかるデータを依頼しなければなりません。

マーケティングリサーチからわかること

これまで商品を提供してきた市場だけではなく、それ以外のところに活路を見出すことができないかを企業は探っています。同じ分野ではいずれ行き詰まってしまうからです。多くのデータを収集すれば、消費者が望んでいることが見えてきます。ただ、それを自分たちが提供できるかを判断しなければなりません。これから開発を始めるのであれば時間的な遅れもあります。今すぐにできることと半年後、1年後にできることを区分けしましょう。しかし、リサーチのデータだけですべてがわかるわけではないことも考慮してください。企業が生き残るためのヒントを簡単に見つけられると考えるのは無理でしょう。経営者は企業の方針を決めなければなりませんが、その元データとなるのがリサーチ結果でしょう。どう活用するかは企業の判断です。