Press "Enter" to skip to content

マーケティングリサーチを依頼する方法

マーケティングリサーチの目的を明確にすることは結果から導き出せる内容が明確になることを意味しています。例えば自社が新しい分野に拡販をすべきかどうかを判断するための調査であれば、自社で販売を計画している商品の説明と、それを購入するユーザー像を明確にしなければなりません。若者向けの商品なのに中高年の消費行動では参考にならないのと同じです。マーケティングリサーチを依頼する手続きそのものは簡単なのですが、その依頼に至った経緯をまとめてみてはどうでしょうか。自社の営業成績は下降気味であり、売り上げを伸ばすために模索していることをはっきりと説明するのです。漠然とした依頼では漠然とした結果しか得られません。依頼の費用は安くありませんから、有効に活用しなければなりません。

依頼すべき会社を選ぶ時の注意について

調査会社はたくさんありますが、どこを選べばいいのか判断できないことも少なくありません。これまで何度も依頼してきたのであれば、その流れでいいでしょうが、初めての場合やこれまでと違った視点での調査を考えているなら、調査会社を変えることも重要なポイントになります。もちろん、これまでの会社の調査に不満があるわけではないとしても、ビジネス業界のすべての分野を得意としているわけではないでしょう。小売業、アパレル、工業製品など分野によってユーザーも市場も違っているのです。調査会社のこれまでの実績を確認しましょう。豊富な件数をこなしているとしても、分野が偏っているかもしれません。あなたの会社が求めているマーケティングリサーチ結果を得られなければ依頼する意味がないのです。

マーケティングリサーチの依頼内容を明確にする

あなたの会社は調査結果から何を知りたいと考えているのでしょうか。漠然と市場の動向を知るだけでは会社の運営の指針を作ることにはつながりません。単なる参考資料で終わってしまうのです。もちろん、これから新しい分野に進出しようとしている場合、それが可能なのかを判断するための材料となるかもしれません。ただ、依頼する時に目的を明確にすることが大切です。それが明確であれば、調査方法も適した手順になるからです。消費者や市場動向を調べる手段はたくさんありますが、それがすべて同じ結果を導き出すわけではないのです。つまり、目的に合わせた方法を選ぶことが重要になります。調査会社は専門家ですから、言わなくても考えてくれると思っているならそれは大きな誤解でしょう。しっかりと依頼内容を詰めてください。